前進座トップへ

         PROFILE


ツマクラ カズコ

妻倉  和子

本人からのメッセージ

◆色紙によく書く言葉です。
  「いつまでも絶ゆることなき炎を胸(うち)に秘め…」
  「楽しんだ心はお金では買えない」「人生片道切符」
◆鏡を磨くように心も磨きたいと思っています。

経  歴 入座4年目に『ひとつ屋根の下』で中村梅之助の相手役に抜擢、翌年には京都南座公演で『羅生門』の沙金を主演。その後もヒロイン、セカンドヒロイン役を多数演じてきた。
なかでも『ベニスの商人』ポーシャは麗しく颯爽とした風情と凛とした通る声で好演し話題になった。
また、『出雲の阿国』では、激動の時代を舞踊と共に生きた阿国の姿を艶のある力強さで演じ、全国各地の観客を魅了した。
生年月日 
1月7日
出身地
東京都
俳優養成所歴
舞台芸術学院本科を経て前進座附属養成所(9期)を卒業、
1980(昭和55)年4月前進座に入る。
初舞台
1980年8月中日劇場松竹公演『遠山の金さん』の町娘
主な舞台
『出雲の阿国』阿国(主演)
『遠来の客』シーボルトお滝(準主演)
『羅生門』沙金(主演)
『地蔵』五百夜の濃萱(主演)
『ベニスの商人』ポーシャ(準主演)
『赤ひげ』狂女おゆみ
『たいこどんどん』袖ヶ浦、おとき、お熊(準主演)
『おれの足音』大石りく(準主演)
主な外部出演
【舞台】
杉良太郎公演『忠臣蔵』
くまでん舎『サギ娘』(三橋雪江)

【映像】
ジャパンホームビデオ『土方歳三が愛した女』芸者お駒
趣味・特技
趣味=絵画・読書・創作料理・温泉めぐり
特技=日舞(藤間流名取)
 ● やりたい役
西太后・いただいた役何でも!!

 

俳優一覧へ